SponsoredLink

生命保険とは

生命保険とは、何でしょうか。


ほとんどの人は生命保険に加入しいると思いますが、なぜ生命保険に加入するのでしょう。


生命保険とは、私たちの毎日の生活の中で起こるかもしれないというリスクを避けるための保険で、病気や怪我をした時や死亡した時に保障するための保険なのです。


生命保険は死亡した時または、一定の年齢まで保険料を支払うことで生命保険の契約をします。


また、契約者が死亡した時には、保険契約をした時に決めた受取人が保険金を受け取ります。


今の日本人の死亡要因は、がん、心筋梗塞、脳卒中の三つで、いわゆる生活習慣病が死亡原因で死亡する人が多いそうです。


また最近の生命保険には、生活習慣病を保障する生命保険も多々あります。


生命保険は、大きく三つに分類することができ、終身保険、養老保険、定期保険がありますが保障の内容が不十分なので、医療特約や介護保険特約などの保障を選択して契約することも多いのではないでしょうか。


また、生命保険に加入する時には、生命保険と生活設計との関わりをしっかりと掴むことが大切な事です。


生命保険料を支払うために家計に余裕がなくなったりしては困るので、生命保険料がどれだけ家計に占めているのかという割合を調べた上で、生命保険を選ぶようにするといいのではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5236677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック